ごあいさつ

ミッション


女性がイキイキと活躍できる、子供を育てながら働くことができる社会
女性や高齢者が輝ける環境、雇用の創出
これからの子供たちに
素晴らしい未来、社会を届ける

これから更に深刻化するであろう少子高齢化社会を迎え、日本は、若い世代の減少、高齢者の増加により、様々な問題を抱えています。
また、労働者不足も重要な問題として、対策が叫ばれています。

そのためにも、今まで以上に女性の社会への進出、活躍が期待されます。

しかし、日本ではまだまだ「男は外で仕事、家事・子育ては女性がするもの」という固定観念があり、現実問題として女性が仕事をするには、さまざまな障害があります。
特に子供が生まれると、ますます社会復帰することが難しくなります。

そこで、私たちコンセントは、

女性が活躍することができる社会
子供がいても働くことができる社会
そして、これからの子供たちに素晴らしい未来

がくることを願い、微力ながら、働く女性・子育てする女性のお手伝いをしていきたいと考えています。

コンセント 代表  田中健司 

 

なぜ、この仕事を始めようと思ったのか?


起業前から少子高齢化が叫ばれていました。
正直自分一人が動いたって、世の中変わらないと思っていましたが、このまま子供が少なくなり高齢者ばかりになると、日本ってこのままで大丈夫?と思うようになりました。
もちろん 我々の大人世代も関係ありますが、それよりも今の子供たちが大人になった時、大変なことになるのではないか?
税金の負担も更に重くなり、生活していくだけでも大変になる時代になるかもしれません。
また、この子達が高齢者になったときに、年金制度はどうなってしまうのか?
とても心配です。

この少子高齢化を解決するには、もっと子供を育てやすい、子供を生むことが負担に感じない社会にしなくてはいけないと思います。
今の子育て世代は、子育てするにもいろいろお金がかかります。
また、小さい子供がいるので、働きたくても働くことができないというママもたくさんいると思います。
だから、子供はたくさん生まない、作らないという悪循環になっているんではないかとも思います。

また、今の高齢者の方は元気な方ばかりで、まだまだ働きたいという方はいっぱいいます。

しかし、高齢者というだけで求人も少ないという状況です。
高齢者の方もママたちも、以前はいろいろなキャリアを持っている方がたくさんいらっしゃいます。
なんかとてももったいないです。

そういう人たちがもっと働きやすい社会になり、子供を育てながら仕事もやりやすいような社会になれば、また何かが変わっていくのではないかと思います。

それならば、自分ひとりの力ではたいしたことはできないかもしれないけど、そういった人たちが少しでも仕事ができるような環境、雇用を創出したり、なにか手助けが出来ればと思ったことも、この仕事を始めようとしたきっかけのひとつです。

なぜ、社名が「コンセント」なの?


私たちとお客様が出会えた ”縁” を大切にしたい
いつまでも電気のコンセントのように繋がって
いたい
という願いを込めて、「コンセント」と名付けました

掃除、洗濯、片付け、料理…日常家事のお手伝い

千葉で地域密着 開業12年の実績
多くのお客様にご利用いただいています。

面倒な家事はおまかせください。