掃除機のかけ方 いい例、悪い例


先日、スタッフさん向けの掃除機のかけ方の動画を撮りましたので、こちらでちょっとだけご紹介。

悪い例と良い例を違いが分かるように、少しオーバー気味にかけてます。

まずは、悪い例

どこが良くないかわかりますか?

では、次に良い例

どうでしょう?

違いがわかりましたでしょうか?

悪い例は、まっすぐかけないで、斜めにジグザグにかけています。

また、掃除機をかけるスピードが速すぎます。

これでは、かけ残し、あとで見たら、ゴミが残っているということにも・・・・。

 

良い例のように、まっすぐにかけて、気持ちゆっくり目にかけるといいと思います。

意外と悪い例のように、かけている方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

傍から見てると、素早く一生懸命かけてる印象は与えるのですが、ゴミがの残ってしまっては、掃除機がけした意味がないですよね。

気持ちゆっくり、まっすぐに!です。

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/