逆転力~ピンチを待て~指原莉乃 著


最近、読んだ本で、いわゆるアイドル本ですが、単なるアイドル本と侮るなかれ、仕事にも役立つ良書だと思い、うちのスタッフさんにも読ませたところ、感想文を書いてくれましたので、ご紹介します。

この本はAKB48の姉妹グループ、HKT48で活動するアイドルグループで活動する 「さっしー」「さしこ」こと、指原莉乃さんの著書です。

初めに断っておきますが、私は普段あまりテレビを見ないので、彼女のことも、元AKB48にいたグループの一人でしょ、くらいにしか知りませんでした。
もちろん、彼女のファンでもなんでもないです。

でも、この本は素直に評価できます。
巷の小難しい自己啓発本やビジネス本に負けずとも劣らない良書だと思いました。

まず、彼女の今までの軌跡ですが、地方からアイドルを夢見て上京し、なんとかAKB48のメンバーになります。
その後、異性関連のスキャンダルがマスコミに流れ、その責任をとって、AKB48の姉妹グループのHKT48に移籍した後、グループ内での総選挙で見事1位を獲得しました。
そして、今ではメンバー初のHKT48の劇場支配人とメンバーを兼任しているようです。

一時は芸能界からの引退も考えたようですが、そのピンチをチャンスに変えられたのは彼女がただのラッキーガールだったからではないと思います。

それは彼女の「強さ」と、本人も明言しているとおり、ピンチをチャンスに変える「逆転力」にあるのだと思いました。

いくつか、指原流の名言の中に仕事をする上でも役にたちそうな事が書いてあったので紹介します。

同じ土俵で戦わない

人と同じことをしても勝ち目がないのは当然です。土俵を変えてここなら勝てるというポイントを責める。仕事上に置き換えれば、他社と同じことをしていてもダメなので、目線をかえて違うことをして、そのオリジナル性で勝負すればいいわけです。

・ファン目線で考える

ファン目線で考えるとは、お客様目線で考えるということです。
それもお客様目線で考えると自分が楽しむことで見えてくる。いやいや仕事をしていると見えてこないことも楽しみながら、仕事をすれば見えてくるものあるでしょうね。

・好感度を貯金する

好感度貯金、これってすごい大切なことです。
好感度=人柄です。
何をやっても、人をイラつかせる人と、ご愛敬で済ませられる人に違いがあるとすれば、普段の好感度貯金がどれくらいあるかで差がでます。

・自分のためになると思いこむ

どんなことでも、やらされているとか、我慢してやってると思ってしまうと、それは全く自分のためにならないんです。
人のためにすることは、結局自分のためになることがほとんどです。意識しているかしていないかの違いだと思います。
それと、彼女はとてつもなくポジティブ思考の持ち主です。
ここは、私とそっくり。
マイナスな思考から生まれるものって何もないですから。
どんなことでも、ポジティブに変換できるって、これはもう能力の一つですね。

そしてもう一つ付け加えると、これを読んだ人はおそらく彼女の事を腹黒いと思う人がいるかもしれません。
ですが、自分はこれほどずるい人間です” と自ら言う人は、その時点で腹黒いとは程遠いのです。

この本を読んでいると、まるで自分が書いたのかと思うくらい共感できました。

おすすめの1冊です。

IMG_9843

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/