読んだ本

元気と礼儀と素直さ

「採用でもっとも重視することは何ですか?」

先日、久しぶりにふらっと本屋に立ち寄り、なにげなく手にとった本にこんなことが書いてありました。


「採用でもっとも重視することは何ですか?」

「大切なのは、元気と礼儀と素直さです。」

 

日頃、面接する機会が多くありますが、本当にそうだと思します。

たしかに、仕事をするうえで経験やスキルはないよりはあったほうがいいのはいうまでもありません。
でも、人を育てる、お客様に対する仕事という観点で見た時、この3つさえあれば充分という気もします。

人柄

実際、面接でも、まずは人柄がどうかを最重視しています。
いくら能力があっても、人として信用できない人には、仕事を任せられないですしね。

また、お客様を相手にする商売だからこそ、人からどう見られるか、ビジネスマナーも含め、印象も大事なチェックポイントです。

ですから、元気があって、礼儀もしっかりしていて、そして素直であれば、それでいいんじゃないかと。
それ以外は、教えればできるようになります。

素直さ

教えるということも考えると、この「素直さ」
これは大事ですね。
いくら教えても、素直さがなければ、受け入れられないというか身につきません。

そういった意味からも、

元気、礼儀、素直さ

これだけあればいいだろうと思います。

でも、この3つを兼ね備えてる人がいそうでいて、意外と少ないんですよ。

2013-08-18 12.51.47  2013-08-18 12.51.55

この記事を書いた人

田中健司
仕事等で忙しく時間がない方に代わって、お掃除や洗濯などの日常家事を代行する家事代行サービスの仕事をしている田中健司と申します。

こちらのblogでは、日頃、仕事やプライベートなどで感じたことなどを気ままに書いています。

まとまりのない文章で読みにくいと思いますが、よろしくお願いします。

仕事等で忙しく時間がない方に代わって、お掃除や洗濯などの日常家事を代行する家事代行サービスの仕事をしている田中健司と申します。 こちらのblogでは、日頃、仕事やプライベートなどで感じたことなどを気ままに書いています。 まとまりのない文章で読みにくいと思いますが、よろしくお願いします。

コメントを残す

PAGE TOP