子育て応援”割引価格”でご利用できます!

秋刀魚ときのこの炊き込みご飯

仕事

秋の味覚、さんまときのこでおいしい炊き込みご飯をつくりましょう。
土鍋で炊くとさらに香りがUPするのですが、炊飯器でも絶品の炊き込みご飯ができます。
画像のきのこは椎茸を使ってますが、しめじ、マツタケ、マイタケ何でも合います。
さんまの小骨を取るのが面倒ですが、お子さんのいる家庭ではきちんととったほうがよいでしょう。
さんまの香りと程よい脂ときのこのうま味が口いっぱいに広がる、秋を感じられる炊き込みご飯です。

材料(茶碗4杯分)

米:2合
秋刀魚:2尾
お好みのきのこ:好きなだけ
三つ葉:1束
白ごま:適量
しょうが:一片
★しょうゆ 大さじ2
★みりん 大さじ1
★酒 大さじ3
★顆粒だし 小さじ2/3

作り方

1.さんまは頭と内臓をとり、塩をふって焦げ目がつくまで焼く。

2.白米を研ぎ炊飯器に入れ、好きなきのこを入れる。

3.水は米2合分のメモリまでいれる。

4.焼き上がった秋刀魚をそのまま乗せる。大きい場合は半分に切る。

5.千切りにした生姜を炊き込み直前に加え、炊飯スタート。

6.炊き上がったら、秋刀魚の背骨、小骨をとり、三つ葉を乗せ,ゴマをふる。

仕事
家事のプロ コンセントをフォローする
働く女性を応援します!家事代行のコンセント

コメント

PAGE TOP