子育て応援”割引価格”でご利用できます!

畳の掃除はお酢を使ってスッキリさせよう

掃除

新しい畳の井草の香りはとても心地よいものですが、畳も年数を重ねると色あせたり、汗のにおいが沁みついたりすることでどんどん劣化してきます。
湿度が高い時期は、カビやダニが発生してしまうこともあります。

直接寝そべったり、赤ちゃんがはいはいできる畳は、日本人にはあると嬉しいもののひとつですね。

今回は、お酢を使って畳の清掃をする方法をお伝えします。

41fN0AcoN3L 1d4f32443f3e07309c5f1be5216f998e

必ず、天気のよい日に行ってください。
まず、掃除機でしっかり掃除をします。
水1ℓに対して、大さじ2杯程度のお酢を混ぜ、作ったお酢液で拭き掃除をします。

お酢には、殺菌と漂泊と汚れ防止の効果があるので、このお酢液で畳の手入れをしていれば、イヤな臭いやカビに悩まされることもありません。
拭きたては、わずかにお酢の臭いが残ることがありますが、拭き掃除後にしっかり窓を開けて風通しをしておけば、臭いは気にならなくなります。

ただし、新しい畳にはこの方法は適していません。
綺麗な緑の井草の色があせてしまうことがあるので、1年以上たった畳に使用してくださいね。

お酢なら、どこの家庭にもたいてい用意があると思うので、わざわざ畳用の洗剤を用意しておかなくてもいいのもよいですね。

掃除
家事のプロ コンセントをフォローする
働く女性を応援します!家事代行のコンセント

コメント

PAGE TOP