洗濯マーク確認してますか?

最近は洗濯機の機能が昔より格段にUPしたせいか、以前はクリーニング店で洗濯していたものも、自宅でホームクリーニングに挑戦されている方も多いんじゃないでしょうか。

お気に入りの衣類は、洗濯方法や干し方に気をつけて、長ーく着続けたいって思いますよね。

洗濯をするときに、洗濯表示タグを確認していますか?

005・・・液温は40゜Cを限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。洗濯用ネットを使用する。

012・・・塩素系漂白剤による漂白ができない。(漂白剤入りの洗剤はほとんど塩素系なので使用可)

026・・・日陰で平ら干しをすること。

こんな風な表示がありますが、必ず守らなければ即着れないレベルになるとまでは言いませんが、守らないことで服への洗濯によるダメージはそれなりにあるということになります。

例えば、洗濯ネットを使用しないと、どんなことが起きるの?
数回の洗濯で毛玉だらけになってしまったり、他の服の汚れが移ってしまったり…といろいろ弊害があるわけです。

普段着で、そんなに神経質にならなくてもいい服ならよいのですが、おしゃれ着を洗濯する際には、よーく確認して大事に長ーく着たいものですね。

 

お試し受付中!

初めてご利用の方向け / まずは一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です