家事代行の仕事をやってきて思うこと

家事代行の仕事を始めてから約15年が経ちました。

そして、この仕事を通じて、さまざまなお客様と接してきて思うこと。

それは・・・みんな、家事をやらきゃと必要以上に頑張りすぎているということ。

もちろん、家事をまったくしなくてもいいというわけではありません。

でも、家事は決して完璧、しっかりこなさなければならないわけではありません。
自分の生活が楽しめるよう、ほどほどに、負担がない程度にやればいい。

お客様を見てるとしっかりやらなきゃとがんばりすぎて、結果つぶれてしまってる人が意外と多いです。

仕事もがんばって、家のこともがんばって、気持ちが落ち着ける時間があまりない。
そして、心がだんだん疲弊していく。

そんなお客様を多く見てきました。

「そんながんばらなくても大丈夫ですよ」と言いたいです。

だから、家事代行を使いましょうということではなく、自分ができる範囲でやればいい。
もし、どうしても大変なら、時には人の手を借りるのもいい。

家事をする目的

それは、日々を暮らしやすくするためだと思います。

家をきれいにすることももちろん大事ですが、いかに自分が気持ちよく暮らしていけるか。

なんのために家事をするのか?

そもそもの目的を間違えてしまうと、本末転倒になってしまいますね。