日本理化学工業様 見学レポート

「日本でいちばん大切にしたい会社」でも紹介されている障害者雇用に力を入れている【日本理化学工業様】の秘密を探る見学レポート


先日、日本理化学工業株式会社の見学に同行させていただきました。

以前に読んだ「日本でいちばん大切にしたい会社」という本の中で紹介されており、興味をもっていた会社です。
この会社は、粉の出ない「 ダストレスチョーク」でチョークのトップシェアを誇る一方、50年以上継続して知的障害者を採用し、今では全従業員の7割以上が知的障害者で占めるという、障害者雇用に大変積極的な会社です。
本を読んだ時も、書いてあったエピソードを読んで目頭が熱くなりましたが、今回、会社の見学をさせていただき、実際に障害者雇用に携わってきた大山会長の話を聞き、さらに深い感銘をうけました。

特に印象に残った話は、大山会長が障害者雇用で悩んでいた時に禅寺の住職から聞かされたという、4つの幸せの話です。

人間の究極の幸せとは、

「愛されること」
「ほめられること」
「人の役にたつこと」
「人に必要とされること」

そして、愛されること以外の3つの幸せは働くことによって得られるのです。
障害者の方たちが、施設で保護されるより、企業で働きたいと願うのは、社会で必要とされて、本当の幸せを求める人間の証なのです。

この住職の話を聞き、働く幸せに気づかされた大山会長は、その後も障害者雇用を会社の使命とし、さらに積極的な雇用を続けたそうです。

この話を聞いた時、普段働くということついて私自身、深く考えていませんでしたが、改めて働く幸せということ、幸せに生きるということについて考えさせられました。

その後、工場内での実際の作業風景を見学させていただきました。
皆さん、障害があるとは思えないほど、いきいきとテキパキと作業をされていました。
作業スピードも、ずっと見ているとこちらの目が回るほどのスピードで、まさに職人を感じさせる動きでした。

r1    r2

工場内では、工程に人を合わせるのではなく、人に工程を合わせる、障害者の方たちの理解できる能力にあわせて作業を再分化したり、文字の読めない人には色を使って識別させたりと様々な工夫がされていました。
この光景をみて、私は学生時代に経験した知的障害者の授産所で指導員として実習をした時のことを思い出しました。

似ている…でも、何かが違いました。
実際の企業で最低賃金をもらいながら、働いている障害者の方と福祉政策で作られた授産施設で作業する障害者の方たち…。

その時、感じた違和感、それはやはり、同じような作業をしていても福祉側で作られた作業所で働くことと、実際の企業で作業するということには大きな違いがあるのだと感じたからだと思います。

授産所は、指導員の元で作業にあたりますが、そこではどんな作業をしても、得られる工賃は、最低賃金にも満たない、日給が数百円程度のもので、誰かの役にたつためというよりも、障害者自身が自立できるための職業訓練所のような位置づけの施設だったと記憶しています。
もちろん、その後、実際の企業に就職された方たちもいたのかもしれませんが…。

今後、障害者の雇用に力をいれる民間の企業が増えてくれることを心から望みます。
もちろん、内容によっては健常者にしかできない仕事内容のものもあると思いますが、物を作る製造業などでは、しくみさえ作れば、障害者でも十分に就業が可能な企業がまだまだあるのではないかと思います。

最後に、日本理化学工業株式会社はやはり「日本で一番大切にしたい会社」であると同時に、「世界に誇れる日本の会社」なのだと改めて感じました。

r3

ビジネスと障害者雇用をすすめたいという想いを両立させていくことは、想像以上に大変なことだと思いますが、今後も、従業員も、会社も、消費者も、地域も皆で成長するという理念を軸に、障害者雇用を続けていってほしいと思いました。

 

コメントを残す